宮古島市地域おこし協力隊

client 宮古島市エコアイランド推進課
case 政策

宮古島市として初の地域おこし協力隊制度の導入をアレンジ

平成30年、宮古島市として初めての地域おこし協力隊制度の導入に係るアレンジとコンサルティングを担当しました。
制度導入にあたり、他地域の地域おこし協力隊の活動状況について調査をし、その目的と任務内容、理想とする隊員像を設定しました。
他地域で問題となっていたのは、隊員着任後の業務設計が明確でない為に、行政上の事務作業に従事するケースも多く「地域をおこす」役割を果たせず課題となっていました。
そこで宮古島市のケースでは、任務について細かく規定し、制度本来の目的を達成できるように設計をしました。

PR業務が主な任務だったため、隊員のビジュアルも撮影

総務省との調整

市として初の取り組みであったため、地域おこし協力隊制度を実施している総務省と調整し、スムーズに導入できるようにマネージメントをしました。

隊員のメインの活動、島内をリヤカーを引きながらゴミを拾い、エコアイランドを訴求するキャンペーン施策を提案し実施
解りやすい活動を評価され、隊員卒業にあたっては市長を始め多くの関係者をお迎えしセレモニーが行われた。
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。