官民協働で発行するローカルエコマガジン「島の色」

case 宮古島市とリトラボの共創によるソーシャルビジネス

「小さな島だけど、きちんと見ればいろんな色がある。」をテーマに、その色一つ一つがいつまでも輝き、住み続けられる島である為に、丁寧に丁寧に発信する環境・暮らし・観光・関係を繋ぐ広報誌として、宮古島市とリトラボで「協働開発」した媒体が、島の色。
2019年の事です。
今までにないデザイン、今までにないストーリーで誰もが手に取ってみたくなる広報誌を創りたいと思い企画しました。
島の様々なモノ・コト・ヒトに焦点を当てながらエコアイランドのテーマ「いつまでも住み続けられる島」であるためには、どのような地域であるべきかを誌面を通じて、読者のみなさんと共に考えます。
島の色は、そんなコミュニケーションを広げていくためのツールです。

島の色2号~4号。発行する毎に、みなさんに評価いただいています!
エコ活をする島の方々にも寄稿いただいています(^▽^)

今、島に必要なこと

宮古島は、宮古島バブルとも言われた発展を遂げていく一方で、環境問題が大きくクローズアップされるようになりました。大切な自然環境や、私たちの暮らしを守るための情報発信の必要性が、日に日に高まっていると感じました。
そこで、私たちは誰もが手に取って楽しめて、かつ環境や暮らしやエコに関する情報発信を重視した新しいペーパーメディアを開発することにしました。


多くの人達が手に取る紙媒体であれば、より多くの人に、今一番大事なことを伝えられるはず。
そんな想いで開発されたのが「島の色」です。

すっきりとした読みやすいレイアウトです
宮古島市のポイ捨て条例についても常に掲載し、エコ活を啓蒙しています!
国連は、責任ある旅行者であることを定義し、レスポンシブツーリズムを提唱しており島の色でもご紹介

市民、観光客、エコアイランドファン全ての人達に向けた誌面づくり

持続可能な島づくりは、市民だけではなく観光客の皆様の力もお借りしなければなりません。
その為に、市民、観光客の皆様が楽しめる、伝わる内容を目指し、環境・暮らし・観光の情報をバランスよく構成することを、心がけています。

広告主は一緒に島づくりをするエコパートナー!

私たちは、島の色を支えてくれる広告主様のことを、エコパートナーとお呼びしています。
エコパートナーは、持続可能な島づくりに共感し、誌面を通じて目的達成を目指すパートナーです。
一緒にこの島の宝物を守るエコパートナーを随時募集していますので、ぜひジョイン、お待ちしております。

共感いただいた事業者様がエコパートナーとなって島の色の発行を支えてくださっています!

設置場所

コンビニ・空港・ホテル・大型ショッピングセンター・ レンタカー・飲食店・わしたショップなどに配布。

ブランディング・CSRのために

エコパートナーのCSR、社会貢献活動に繋がるように最大限工夫した誌面づくりを心掛けています

2022-03-30|
関連記事